第三回 2009.9.22(祝)
  下北沢屋根裏

18:30 Open 19:00 Start
前売1,500円/当日1,800円
★1Drink+400円でビール飲み放題!

この人がいなきゃピーズカーニバルもなかったかも・・・!?

さてさて、第二回ピーズカーニバルの出演バンド紹介もラスト。
ということは、自動的に明日がピーズカーニバル当日ということです!


みなさぁ〜ん、準備はいいですか?


では、我らTheスモモの”ココロの師匠”木村くん
率いる”東京ゴールデンボール”を紹介しましょう。

・・・いつ書いてもちょっぴりシモいバンド名ですな(〃´・ω・`)ゞ


カレコレもう6年ぐらい前じゃなかろうか?

当時4人バンドだったウチはリズム隊が定まらず
常にドラムかベースを募集している状態だったのです。

で、ちょうどベースを募集していた時、
木村くんが連絡をくれたので会ってみると

これがまたもう、超・普通。

いやむしろ普通よりもっとのんびりした感じの人で、
ゆっくりとした関西なまりが心地よかったのが第一印象。

話が進み、今やってるバンドがあって
そのライブが明日あるとのことだったので
翌日、渋谷の屋根裏に足を運んだところ


いろんな意味でぶっ飛んだっ!


ものすごい音圧は、
某V系アーチストのPVバリに
向かい風が吹いてきたかのようで

ドハデなパフォーマンスは、
まるで浅草の三社祭のようで

そこには昨日みた第一印象の木村くんはいませんでした。

そしてライブ終了後、
”西の洗礼”を受けて呆然とする
わたしと大五郎の元へ来て


「こんなもんやで」

と、一言。



かかかかっこいいいぃぃぃっ!!!(゚ロ゚〃)

あんなすっげーライブが”こんなもん”だったら、
「今日はすごかったろ」ってライブは一体どんなんだ!?


それからしばしの間ウチでもベースをやってもらい、
わりと近くだったので家にもよく遊びに行き酒を飲み
そこで初めてTheピーズを聴かせてもらったのです。

まさに”Theピーズ処女”を奪われたワケです(笑)

当時(今も大して変わんないけど)
音楽のことな〜んにも知らなかったわたしですが、
聴けば聴くほど心地よかったので一目惚れならぬ一耳惚れ。


それは大五郎もどうやら一緒だったようで、
だから今こうしてピーズカーニバルをやってるわけです。

そしてわたしがハルさんをはるちゃんと呼ぶのは、
木村くんが最初に「はるちゃん」と教えてくれたからで
別にみんなと違う呼び方したいとかそういうんじゃないです。

呼び方ってなかなか直すのむつかしいよね(^-^;

ちなみに、バンド繋がりで木村くんを「トノ」と呼ばない人は
どうやらわたしだけのようです。今さら変えるのハズイし、ねぇ?(;^ω^A

---------------------------------------------------------------

東京ゴールデンボール

■メンバー
松田雄一(vocal, guitar)
木村友信(chorus, bass)
岡田秀一(chorus, drum)

---------------------------------------------------------------

さ〜て、いよいよ明日に迫ったピーズカーニバル。

リーブリロー追悼ライブで燃え尽きた抜け殻状態の人も、
知らない人観にライブハウス行くなんてキンチョーしちゃ〜うって人も、
ひとりで行くのは寂しいけど行ってみたいなーと思ってる人も、

みんなみ〜んな寄っといで。
まとめて面倒みてやらぁ(=´ー`)ノ

---------------------------------------------------------------
Theピーズカーニバル”とりあえずここはいい気持ち”
2007年4月8日(日)下北沢屋根裏 18:00開場 18:30開演
チケット予約はこちら 問い合わせ:event@smomo.jp
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3688822
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック